『いだてん』第2回「坊ちゃん」ネタバレあらすじ&感想|大河ドラマ

いだてん(第2回)あらすじ・感想をざっくり

今回からが、いだてんの本番です。前回のプロローグ的な内容から一転、日本初のオリンピック出場を果たす「金栗四三」を中心にした内容になります。

第2話は熊本に産まれた金栗四三の中学なるあたりまでの内容です。韋駄天と呼ばれるようになる幼少期の様子。
マラソンの呼吸法の定番「スッスッ、はっはー」に気づく金栗四三。
恋への発展を予感させる春野ヤスとの出会い。このあたりの描かれています。

また、淡々と金栗四三の生い立ちを描きながら、いろいろな人物との出会い、伏線がちりばめられている印象です。

今後、これらの伏線と思しく事柄がどのように物語に影響していくるのか楽しみです。

いだてん金栗四三 誕生

今回も古今亭志ん生の語りから入ります。

第一回のハイライト、オリンピック選考の大運動会マラソンで金栗四三は快走した映像ののち、古今亭志ん生が一言

「いよいよ『いだてん金栗四三』のお話のはじまりであります」

(オープニング)

明治24年8月20日、熊本は西南戦争の舞台となった田原坂の近く、玉名郡春富村にて。

代々酒造業を営んできた金栗家。ここに男の子が誕生する。命名は「四三」。名前の由来は、父信彦が43歳の時に産まれた子だからとか。

四三は幼いころ、父と同じように体の弱い子でした。

加納治五郎と金栗四三

時は進み、四三5歳のころ。

家族のみんなが体の小さな四三を心配し、熊本の中学校で校長をしている加納治五郎先生に「抱っこ」してもらい願掛けすることを思いつく。体の弱い父とともに40km先の熊本で行くことになる。

道中、薬である重曹水を飲みながら、西南戦争で形見の刀を守った話などもしながら、やっとの思いで熊本までたどり着く。

ただし、加納治五郎の授業を一目見ようとする観衆が多く、抱っこはおろか、ほとんど見ることが出来なかった。二人は何も出来ず帰る事になる。

帰宅した二人に、家族は「加納先生に会えたか」問う。父は「会えた」うそをついてしまう。

スッスッ、はっはー

四三は小学生に。

体が小さい四三は、学校への山道を兄弟についていくことができない。苦痛な四三は、がっこうにいきたがらない。学校にいかない四三は「がっこうへや」と言われお仕置き部屋に入れられた。

ある時、長男の嫁の出産の呼吸法「スッスッ、はー」をヒントに、走るときに苦しくならない「スッスッ、はっはー」に気が付く。

「スッスッ、はっはー」で走り抜ける四三は10歳となり3里の山道を走り抜ける「いだてん通学」する少年となる。

同じころ、四三の父が病で他界する。

中学生に。進路と恋の伏線?

明治38年(1905年)四三は中学生になる。

寄宿舎生活であったが週末は20km先の実家まで走って帰省していた。

走るときの呼吸法はもちろん「スッスッ、はっはー」で。

海軍兵学校に進学したいことを家族に告げる。

勉強、冷水浴など頑張り、受験に向けて切磋琢磨する。

しかし、海軍兵学校で落ちてしまう。理由は目の検査で不合格。

不合格で落ち込んでいる四三に、当時流行していた「自転車節」を歌いながら颯爽と走る女学生が通りかかる。父のかかりつけ医の娘「春野ヤス」と出会う。

不合格のショックから立ち直った金栗四三は今日も走っている。

そんなある日幼馴染の美川秀信が彼を呼び止めて、「自分は東京高等師範学校に進学する」ことを告げる。入学心得に目をとおした四三は、校長が加納治五郎であることに気が付く…。

シェアする

フォローする