東京オリンピック 記念硬貨の相場は?1964年発行硬貨も…

国を挙げての一大イベント「東京オリンピック」。

そういえば最近はこれを記念しての記念硬貨販売の情報をよく耳にします。記念硬貨といえば、希少性からプレミアがついて、額面より高い金額で取引されるイメージがあります。

さて、東京オリンピックの記念硬貨の買取相場っていくらなのでしょうか?

1964東京オリンピックの記念硬貨

前回の東京オリンピック(1964年開催)のときも記念硬貨が発行されました。

というか、日本で記念硬貨は発行されたのは、1964年の東京オリンピックが初となります。

この時は120億円以上の収益を得られたらしく、これに味を占めてなのか、節目節目の行事のときは記念硬貨が発行されるようになりました。

当時発行された記念硬貨の額面は100円と1000円です。

東京オリンピック記念硬貨100円

発行枚数:80,000,000枚

素材:銀・銅・亜鉛

サイズ:22.6mm

デザイン:聖火台と五輪マークが刻印されている。

気になる買い取り相場ですが、100~600円程度。この値段の幅は、硬貨の状態によって変わります。当然完全な未使用硬貨であれば最高額での取引となるでしょう。

東京オリンピック記念硬貨1000円

発行枚数:15,000,000枚

素材:銀・銅

サイズ:35mm

デザイン:富士山と桜が描かれています。日本っぽいいいデザインですね。気になる買い取り相場は、2,000~10,000円程度。100円硬貨と比べて、こちらのほうがパフォーマンスがいいですね。

ちなみにこの記念硬貨、1970年ごろは2万円ほどで取引されていたとか。今はブームが去って落ち着いてますけどね。

2020年東京オリンピックの記念硬貨は?買取相場は?

当然、今回の東京オリンピックを記念した記念硬貨は発行されています。

2016年秋に「1000円銀貨」が発行されました。発行枚数は50,000。

テーマはリオデジャネイロから東京へのオリンピックの引継ぎ」でオリンピック旗とそれぞれの国を代表する花「桜」と「イペー・アマレーロ」が描かれています。

またこの記念硬貨は日本発のカラーの校歌で話題となりました。

この記念硬貨の額面は1000円ですが、販売価格は9,500円でした。なんかとても強気な値付けですよね。

というわけで、しばらくはこの9500円を軸に取引されるのではないでしょうか。
長い目でみるとまたブームが着て2020年東京オリンピック記念硬貨もプレミアがつくかもしれませんね。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。