東京オリンピックのチケット入手手段の現状について

2019年になり、東京オリンピック開催まであと1年半となりました。

ここで現時点で東京オリンピック観戦チケットの入手する手段について分かっていること、推定されることをまとめます。

どうやって、我々は東京オリンピックのチケットを手に入れることが出来るのでしょうか。

東京オリンピック公式販売サイトで購入

こちらは、公式に発表されています。

インターネット上に「東京2020大会公式チケット販売サイト」を立ち上げ、ここで受付・販売を行うとのこと。ちなみに購入受付は2019年春からの予定です。現時点では、このサイトでの購入受付が一番早くチケットを購入できるルートとなります。

ただし、気を付けつける事が数点あるのでご注意を!

購入受付には、事前にID登録が必要です。「TOKYO 2020 ID」です。こちらのID登録はすでに始まっており、先行有利ではないですが、直前にあwてないためにも早めの登録をオススメします。

もう一つの注意点は、使えるクレジットカードは「VISA」のみとなります。これはスポンサーの関係です。VISAは、東京オリンピックのワールドワイドオリンピックパートナー様ですので…。

さすがにクレジット払い以外の支払い方法もあると思いますが、オリンピック関連の決済はすべてVISAとなるはずなので、持っていない人は今のうちに作っておいてもいいかもしれません。

チケット販売所で購入する

こちらは、リアル店舗での販売ですね。販売開始は2020年を予定されており、ネット販売より少し遅い予定です。

チケット販売会社もいろいろあるし、今時コンビニでもチケットは入手することができます。今回の東京オリンピック観戦チケットがどのような形で行われるか、今後の展開に注目ですね。

旅行会社から購入する

東京オリンピックのスポンサー(オフィシャルパートナー)に以下の3社の名前があります。
・ジェイティービー(JTB)
・KNT-CTホールディングス(KNT-CT)
・東武トップツアーズ

この3社からは、チケット単品以外にも、往復移動手段や宿泊などとセットになったツアーパッケージとしての販売が予定されているはずです。

開催地から遠い人などはまとめて予約できるので便利かつお得かもしれませんね。

そのほかにも「JAL」「ANA」「JR東日本」もオフィ者るパートナーです。こちらの企業からも販売があるかもしれませんね。

シェアする

フォローする